人民新聞オンライン

タイトル 人民新聞ロゴ 1部150円 購読料半年間3,000円 ┃郵便振替口座 00950-4-88555/ゆうちょ銀行〇九九店 当座 0088555┃購読申込・問合せ取り扱い書店┃人民新聞社┃TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441┃Mailto: people★jimmin.com (★をアットマークに)twitter

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言過去ログ投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事

検索 語+実行

サイト内 ウエブ

本紙モニター大募集

試読 無料3ヶ月! モニターにご協力頂ける方に人民新聞・本紙を 3ヶ月間無料でお送りいたします。

岩井会図書

岩井会は、戦前から共産主義者として活動、1969年に亡くなった故・岩井弼次氏の思想とその実践に学びそれを継承すべく、 同じ年に結成された。岩井会が所蔵する 岩井会図書 の閲覧を希望される方は当社まで連絡ください。

 

●関東●
HOWS講座「原発という棄民の構図─核にしがみつく国家権力の正体を暴く」@◇7月26日(土)PM1:00〜PM4:30/「ビキニ事件からフクシマを考える」木下昌明(映画評論家)、高橋省二(被曝二世)/本郷文化フォーラムワーカーズスクール(HOWS/文京区本郷3-38-10さかえビル2階小川町企画内;地下鉄「本郷三丁目」)/連絡・Tel.03-5804-1656FAX.03-5804-1609 
永山子ども基金チャリティートーク&コンサート「ペルーの働く子どもたちへ」◇7月26日(土)PM1:30〜(開場PM12:30)/コンサート「大地のうた」=笹久保伸、イルマオスノ、山下Topo洋平、青木大輔/講演=「死刑と更生と表現〜永山則夫さんから出された宿題をめぐって」坂上香(聞き手・太田昌国)/朗読、映画上映/日本基督教団・西片町教会(文京区西片2-18-18;東京メトロ「東大前」、都営地下鉄「白山」)/3000円(前売り2500円)、中学生〜18歳・1500円/主催=永山子ども基金/共催=公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本、神奈川シティユニオン・ナソップ基金、他/連絡・E-mail:nagayama@chehemmi.sakura.ne.jp
これでも罪を問えないのですか〜武藤類子さん(福島原発告訴団団長)講演会◇7月27日(日)PM2:00〜/講演=武藤類子(福島原発告訴団団長)、保田行雄(弁護士)、告訴人から/江戸川区総合文化センター研修室(江戸川区中央4-14-1;JR「新小岩」)/500円/主催=さようなら原発江戸川連絡会/連絡・Tel.03-3653-7643FAX.03-3653-7606
第21回統一マダン東京◇7月27日(日)PM4:00〜PM7:30/ステージ=民族舞踏やテコンドー、他の文化公演/ミニコンサート=朴保/屋台=コリアンフード、グッズ、手作りの小物など/ブース・パネル展示=民族の和解と統一、アジアの平和を実現し差別のない社会へ/日暮里駅前イベント広場(JR・京成・舎人ライナー「日暮里」)/入場無料/雨天開催(豪雨時は開催の有無をHP〔http://www.madang.jp〕で発表)/主催=第21回統一マダン東京実行委員会/連絡・Tel.03-3862-6881FAX.03-3862-6882 

●関西●
グループZAZA連続講座・黒田伊彦講演会《戦中・戦後の教育体験から反天皇制を語る》A◇7月26日(土)PM2:00〜PM5:00/「『新しい憲法のはなし』の虚実」黒田伊彦(部落解放・人権研究所反差別部会副部会長、矢田解放塾副塾長)/エルおおさか709号室(京阪・地下鉄「天満橋」)/500円/主催=グループZAZA/連絡・Tel.090-6067-0560(菅)
『SAYAMAみえない手錠をはずすまで』神戸上映キャラバンB◇7月26日(土)PM2:30〜/新長田ピプレホール3階会議室A(JR・神戸市営地下鉄「新長田」)/1200円(前売り1000円)/主催=狭山再審を求める市民の会・こうべ/連絡・Tel.090-3624-8270
憲法改悪と集団的自衛権を考える〜7・26高作正博講演会◇7月26日(土)PM6:00〜/講演=高作正博(関西大学教授)/尼崎市女性センター・トレピエ3階ホール(尼崎市南武庫之荘3-36-1;阪急「武庫之荘」)/700円/主催=阪神社会運動情報資料センター/連絡・Tel.&FAX.06-6438-3387
セウォル号惨事から何を学ぶのか─韓国民衆の真相究明運動に連帯して◇7月27日(日)PM1:30〜/セウォル号犠牲者追悼の歌=韓国ゲスト:ユ・ヨング(反戦平和国民行動政策諮問委員)/日本側からの報告=「特定秘密保護法・集団的自衛権容認と憲法解釈変更」服部良一(前衆議院議員)、「労働法制改悪とTPP問題」山元一英(全港湾大阪支部委員長)、他/エルおおさか7階大会議室(地下鉄・京阪「天満橋」)/1000円/主催=7・27日韓交流事業実行委員会/連絡・Tel.06-6583-5549(全日建連帯労組近畿地方本部)
世界社会フォーラム大阪学習会C「ウクライナ情勢を読み解く」◇7月29日(火)PM6:30〜/話=猪腰幸治(日本ユーラシア協会常任世話人)/映像=西谷文和さんのウクライナ報告/エルおおさか5階研修室2(京阪・地下鉄「天満橋」)/500円/主催=世界社会フォーラム(WSF)おおさか連絡会/連絡・Tel.06-6942-7860(梅田)
春日勉さん講演会◇7月31日(木)PM6:30〜/「現在の治安法制の状況〜新たな操作方法と治安立法」春日勉(神戸学院大学法学部教員/刑事法)/エルおおさか本館5F研修室2(地下鉄・京阪「天満橋」)/500円/主催=共謀罪に反対する市民連絡会・関西/連絡・Tel.06-7777-4935(市民共同オフィスSORA) 


1521号 2014/7/26更新
1面 モンゴルと核燃料サイクル多国間構想/2面 究極の管理社会がやってくる
3面 新たな「日朝合意」を読み解く/東京五輪にどう反対するか/4面 性と生のはざまで/大阪城こま犬
5面 パレスチナの抵抗権イスラエル大使館前抗議/(全記事は1521号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

【検証】原発のゴミ最終処分場計画の今

モンゴルと核燃料サイクル多国間構想
新原子力規制委員=田中知教授が推進する廃棄場建設計画

7月6日「遊牧民とウラン開発」と題する公開学習会に参加した。2011年5月、モンゴルのゴビ砂漠を核のゴミの最終処分地とする秘密計画が暴露され、国際的批判に晒された。いったんは、消えたかに見える同計画のその後を知りたかったからだ。

「トイレのないマンション」と例えられる原子力発電にとって、廃棄物処理は原子力開発上最大の課題だ。福島事故後も原発の生き残りを模索する原子力マフィアにとっても避けて通れない難問。プルトニウムを燃やす高速増殖炉「もんじゅ」も事故続きで全く動かないなか、国際処分場計画は「魅力的」なはずだ。

実際、2013年10月には、フランスの巨大原子力企業=アレバ社と三菱商事がモンゴルでのウラン鉱山開発に関する合意文書に調印し、ドルノゴビ県のオラン・バドラフ郡で6万dのウランを採掘することになった。今年から、戦略的ウラン鉱山3つの開発に着手する。

また、原発メーカーである東芝が、米政府高官に対しモンゴルでの「包括的燃料サービス」推進を要請する書簡を送っていた(2011年7月)ことも報道されている。「包括的燃料サービス」とは、モンゴル産のウラン燃料を原発導入国に輸出し、使用済み核燃料もモンゴルが引き取るというもの。危険な放射性廃棄物は自国内で処分するという原則を覆し、ウラン輸出とセットでモンゴルに国際処分場を作るという計画だ。「核燃料サイクル」をパッケージにして原発を売り込む計画には、日本の原子力ムラが深く関わっていた。(編集部・山田)   本文


1520号 2014/7/15更新
1面 解釈改憲=集団的自衛権反対!/2面 集団的自衛権閣議決定に思う/自民党大阪府連前抗議行動
3面 4・5釜ヶ崎大弾圧判決報告集会/東京都議会のから騒ぎ/4面 [現地報告]イスラエル少年拉致事件
6面 JR大阪駅前街宣弾圧で無罪判決/(全記事は1520号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

安倍内閣の「集団的自衛権行使容認」の閣議決定に抗議する!!
解釈改憲=集団的自衛権反対! 官邸前道路埋め尽くす若者

報告 園 良太

安倍政権が集団的自衛権を閣議決定した。だが閣議決定はその政権を倒せば撤回できるし、民衆の大きな街頭行動がその鍵を握ることは、世界中で共通だ。戦争・原発・貧困を極限まで悪化させる安倍政権は倒すしかない。そのための街頭行動に何が必要か、抗議行動のピークとなった2日間の官邸前直接抗議を振り返って考えたい。(園良太)  本文


 更新した記事

第1521号

第1520号

第1519号

第1518号

第1517号

第1516号

第1515号

第1514号

第1513号

第1512号

過去ログ

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言過去ログ投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事
人民新聞社 本社 〒552-0023 大阪市港区港晴3-3-18 2F
TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441 Mailto:people★jimmin.com (★をアットマークに)
Copyright Jimmin Shimbun. All Rights Reserved.