人民新聞オンライン

タイトル 人民新聞ロゴ 1部150円 購読料半年間3,000円 ┃郵便振替口座 00950-4-88555/ゆうちょ銀行〇九九店 当座 0088555┃購読申込・問合せ取り扱い書店┃人民新聞社┃TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441┃Mailto: people★jimmin.com (★をアットマークに)twitter

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言過去ログ投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事

検索 語+実行

サイト内 ウエブ

本紙モニター大募集

試読 無料3ヶ月! モニターにご協力頂ける方に人民新聞・本紙を 3ヶ月間無料でお送りいたします。

岩井会図書

岩井会は、戦前から共産主義者として活動、1969年に亡くなった故・岩井弼次氏の思想とその実践に学びそれを継承すべく、 同じ年に結成された。岩井会が所蔵する 岩井会図書 の閲覧を希望される方は当社まで連絡ください。

 

●関東●
「イラク戦争、集団的自衛権行使を問う」元米軍海兵隊員ロス・カプーティさんスピーキングツアー〜シンポジウム(東京)◇11月26日(水)PM7:00〜PM9:00/パネラー=柳澤協二、谷山博史、ロス・カプーティ(2004年11月のファルージャ総攻撃に米軍海兵隊員として参加)/ファシリテーター=志葉玲(ジャーナリスト)/イラク現状報告=高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)/明治大学研究棟2階・第9会議室(千代田区神田駿河台;JR・地下鉄「御茶ノ水」)/1000円(学生無料)/主催=イラク戦争の検証を求めるネットワーク/連絡・Tel.090‐9328‐9861(志葉)
国連・憲法問題研究会講演会「日本はどこに向かうのか─集団的自衛権行使のワナ」◇11月29日(土)PM2:00〜PM4:30/講師=浅井基文(政治学者)/文京シビックホール3階会議室1(東京メトロ「後楽園」、都営地下鉄「春日」)/800円、会員500円/主催=同研究会/連絡・Tel.&FAX.03-6273-7233 
「なぜ今、移民問題か別冊『環』20」刊行記念シンポジウム《なぜ今、移民問題か》◇11月29日(土)PM2:00〜PM5:00(予定)/パネリスト=中川正春(衆議院議員、元内閣府特命相)、宮島喬(お茶の水女子大名誉教授)、藤巻秀樹(北海道教育大学教授、元日本経済新聞編集委員)、石原進(移民情報機構代表、元毎日新聞論説副委員長)、鈴木江理子(国士舘大学准教授)/早稲田奉仕園・日本キリスト教会館1号室(新宿区西早稲田2-3-1;東京メトロ「早稲田」「西早稲田」、JR・西武「高田馬場」)/1500円/主催=鞄。原書店/連絡・Tel.03-5272-0301
HOWS講座「安倍ブルジョア独裁政権との対決」B◇12月3日(水)PM6:45〜PM9:15/「政府・マスコミ一体となった『朝日』攻撃の本質─『ならず者の最後の拠りどころ』愛国心」山口正紀(ジャーナリスト、人権と報道・連絡会世話人)/本郷文化フォーラムワーカーズスクール(HOWS)(東京都文京区本郷3-38-10さかえビル2階;地下鉄「本郷三丁目」)/1500円/主催=HOWS事務局/連絡・Tel.03-5804-1656 FAX.03-5804-1609

●関西●
さようなら原発1000人集会◇11月24日(月)PM2:00〜/講演=大江健三郎(小説家)、報告=おしどりマコ・ケン/いたみホール(伊丹市立文化会館、兵庫県伊丹市宮ノ前1-1-3;阪急・JR「伊丹」)/1200円(前売り1000円)、震災避難者・大学生以下500円/手話通訳あり/親子室(会場後方)あり/主催=第4回さようなら原発1000人集会実行委員会/連絡・Tel.090-6732-5979(北上)
神戸学生青年センター・食料環境セミナー「シリーズ・サプリメントの嘘、本当」B◇11月26日(水)AM10:30〜AM12:00/「身体に良い食べ物はなぜコロコロと変わるのか」畑中三応子(ファッションフード研究家)/神戸学生青年センターホール(阪急「六甲」、JR「六甲道」)/600円/託児あり(無料、前々日までに要予約)/主催=同センター/連絡・Tel.078-851-2760FAX.078-821-5878
大阪自由大学連続講座『東アジアを考える』E◇11月27日(木)PM6:30〜PM8:30/「秀吉の朝鮮出兵秘話 朝鮮人になった日本武将・沙也可(さやか)」小山帥人(ジャーナリスト)/おおさかシニアネット(大阪市中央区本町3-5-5 カネセビル3階;市営地下鉄「本町」)/1000円/事前申込み不要・定員40名/主催=大阪自由大学/連絡・Tel.06-6386-4575FAX.06-6386-1893
うつ・引きこもり・依存症etc.を考える〜格差・貧困との関連をめぐって〜◇11月28日(金)PM1:30〜PM4:00/話=三浦俊一(釜ヶ崎日雇労働組合)/質疑応答、フリートーク/クレオ大阪中央・和室(大阪市天王寺区上汐5-6-25;地下鉄「四天王寺前夕陽ヶ丘」、近鉄「大阪上本町」)/定員・15人程度/500円/主催=青空会議、翼出版企画室/連絡・Tel.&FAX.06-6599-9549
お国のために死にますか? あぶない教科書はいらない!シンポジウム◇11月29日(土)PM1:30〜PM4:30/第1部・パネルディスカッション=丁章(東大阪在住の在日詩人)、おかだだい(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク)、遠地靖志(弁護士)、相可文代(子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会)/第2部=各団体からのアピール/大阪市立中央会館(中央区島之内2-12-31;地下鉄「長堀橋」)/1000円、学生500円/主催=教科書シンポジウム実行委員会/連絡・E-mail:text2015@mail.goo.ne.jp
反原発「若狭の家」開設記念「若狭の原発再稼働を阻止しよう」◇11月29日(土)PM2:00〜PM5:00/朗読=「『大飯原発3、4号機運転差し止め事件』福井地裁判決の再確認:判決要旨」高瀬應臣(反戦老人クラブ滋賀)/報告=「福井での原発再稼働阻止の戦い」若泉政人(「若狭の家」運営委員会〔福井〕)/講演=「原発は人類と共存し得ない─原発の即時全廃を目指して」木原莊林(「若狭の家」運営委員会・共同代表)/討論=「原発再稼働阻止運動を発展させよう」/キャンパスプラザ京都・第1講義室(下京区西洞院塩小路下ル;JR「京都」京都中央郵便局西側)/500円/主催=「若狭の家」運営委員会/連絡・Tel.090-1965-7102
原発あかん・橋下いらん・弾圧やめて!11・30『中山千夏講演会』国家はあかん、個人でいこう!◇11月30日(日)PM3:00〜/講演=中山千夏(作家)/特別報告=「ほんまにヤバイで、TPP」山元一英(全港湾大阪支部執行委員長)/スタンダップコメディ=ナオユキ/プロテスト&ラヴ・ソング=パギやん(趙博)、はちようび/福島菊次郎写真展、他/大阪市港区民センター(地下鉄・JR「弁天町」)/1000円(事前に「参加協力券」をお買い求めください)/主催=同実行委員会/連絡・Tel.&FAX.06-6763-0211(コラボ玉造[TAMAZO]気付) 


1531号 2014/11/23更新
1〜2面 高コストの原発導入は、核兵器技術を獲得するため/3面 ひきこもりと精神科/尊厳死について
4面 沖縄・太田昌秀元知事「基地問題解決には、米政府を動かす力量必要/5面 イスラエル兵士の自殺
6面 沖縄通信-県知事選の意義/(全記事は1532号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

高コストの原発導入は、核兵器技術を獲得するため
原発再稼働は、実に愚かな選択

京都大学原子炉実験所助教 小出 裕章

鹿児島県の伊藤知事が、川内原発再稼働に同意した。福島原発事故に関して誰1人として刑事責任を問われることなく、政治責任も不問にされたため、「何が起きても自分が政治責任を問われることはない」と確信した上での政治決定だ。これを指摘する内田樹氏は、「事態は『3・11』以前より悪くなってしまった」と嘆いている。

原発再稼働・事故原発の現状・IAEAの実体などについて、小出裕章さんに聞いた。いつもの明快な解説とともに、原子力ムラへの深い怒りが表明された。

衆院が解散した。半永久的な環境汚染や健康被害のリスクを受け入れてまで経済成長を追い求めるのか?国土の一部を失ったことを忘れて、無人島の争奪に血道を上げるのか?問われているのは、有権者の側だ。(文責・編集部)  本文


1531号 2014/11/18更新
1面〜3面 辺野古・高江の「基地反対」の闘いと沖縄県知事選挙/3面 「怖いけど必要な街、おもろい街」=釜ヶ崎を守れ
4面 宗教のなかの異性愛主義/神戸大学、障がい者就労支援の場で虐待事件
5面 「学校砂漠化」がシカゴ黒人地域を襲う/(全記事は1531号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

沖縄取材レポート(上)

辺野古・高江の「基地反対」の闘いと沖縄県知事選挙
「オール沖縄」で平和・自己決定権求め安倍政権に「新基地No!」

沖縄県知事選

翁長陣営の「うまんちゅ1万人大集会」には、1万4800人が集まった(11月1日、沖縄セルラースタジアム那覇)

辺野古への米軍新基地建設のためのボーリング調査が強行されている沖縄。この間、保革を超えて、「オール沖縄」で、普天間飛行場撤去やオスプレイ配備反対などの声をあげ続けてきた。しかし、安倍政権はアメとムチ政策を巧みに使い、昨年末には仲井真沖縄県知事に辺野古の埋め立てを承認させることに成功した。

また、10月30日には、県知事選挙が告示された(11月16日投票)。「基地問題」を一大争点に据えて、選挙戦が繰り拡げられている中、10月28日〜11月1日の間、沖縄取材に飛んだ。那覇・辺野古・高江を訪れたレポートを2回に分けてお届けする。(編集部 一ノ瀬)  本文


 更新した記事

第1532号

第1531号

第1530号

第1529号

第1528号

第1527号

第1526号

過去ログ

2009.8.5〜 

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言過去ログ投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事
人民新聞社 本社 〒552-0023 大阪市港区港晴3-3-18 2F
TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441 Mailto:people★jimmin.com (★をアットマークに)
Copyright Jimmin Shimbun. All Rights Reserved.