人民新聞オンライン

タイトル 人民新聞ロゴ 1部150円 購読料半年間3,000円 ┃郵便振替口座 00950-4-88555/ゆうちょ銀行〇九九店 当座 0088555┃購読申込・問合せ取り扱い書店┃人民新聞社┃TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441┃Mailto: people★jimmin.com (★をアットマークに)twitter

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言過去ログ投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事

検索 語+実行

サイト内 ウエブ

本紙モニター大募集

試読 無料3ヶ月! モニターにご協力頂ける方に人民新聞・本紙を 3ヶ月間無料でお送りいたします。

岩井会図書

岩井会は、戦前から共産主義者として活動、1969年に亡くなった故・岩井弼次氏の思想とその実践に学びそれを継承すべく、 同じ年に結成された。岩井会が所蔵する 岩井会図書 の閲覧を希望される方は当社まで連絡ください。

 

●関東●
公開学習会「TPP+TiSA(新サービス貿易協定)―サービス貿易のさらなる自由化で、暮らしはどうなる?自由貿易の波とメガFTAにどう対抗するか」◇10月23日(木)PM6:30〜PM8:50/問題提起=@「サービス貿易とは何か、そこで誰が儲けるのか?―TPP交渉での非関税分野の交渉の現状と多国籍企業の動き」内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)、A「TiSAとは何か、何が問題なのか―国際市民社会の調査・提言活動の状況」青葉博雄(国際公務労連〈PSI〉東京事務所所長)/議論・質疑応答/麹町区民館B1F・洋室B(千代田区麹町2-8;東京メトロ「半蔵門」「麹町」)/800円、PARC会員500円/予約優先(定員40名)/共催=NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)、国際公務労連(PSI)東京事務所/連絡・Tel.03-5209-3455FAX.03-5209-3453(PARC)
「平成」の天皇制ハラスメント〜公安は天皇のための尾行をやめろ!集会◇10月26日(日)PM1:30〜/講演=「平成天皇制と民主主義」伊藤晃(社会運動史)/報告=@尾行やめろ実の取り組み、尾行被害を受けている仲間たち/特別報告=平成天皇制弾圧史(予定)/武蔵野公会堂・第1会議室(武蔵野市吉祥寺南町1-6?22;JR「吉祥寺」)/共催=三多摩労働者法律センター、公安は天皇のための尾行をやめろ!実行委員会/連絡・Tel.042-525-9036
演劇「手と足をもいだ丸太にしてかへし─鶴彬の生涯」◇11月6日(木)PM7:00〜/7日(金)@PM2:00〜、APM7:00〜/8日(土)@PM2:00〜、APM7:00〜/9日(日)PM2:00〜/1938年9月、治安維持法で検挙されて亡くなった反戦川柳詩人“鶴彬”の生涯を描いた舞台劇/脚本=グループ演劇工房・協働者、演出=菅原司/TACCS179(新宿区上落合1-17-9;西武「下落合」)/3200円(前売り3000円)、学生3000円(前売り2800円)/主催=上演実行委員会/連絡・Tel.&FAX.03-3978-4311(菅原)
「慰安婦」専門サイトFight for Justice開設1周年&ブックレット出版記念シンポジウム〜「性奴隷」とは何か◇10月26日(日)PM2:00〜PM5:30/報告=@「戦前日本の公娼制度と性奴隷認識」小野沢あかね(立教大学教授)、A「国際法における軍の性奴隷制度」前田朗(東京造形大学教授)、B「現代日本における人身取引問題― 性的搾取を中心に」大野聖良(日本学術振興会 特別研究員)、C「問題提起」吉見義明(中央大学教授)/在日本韓国YMCA9階ホール(東京都千代田区猿楽町2-5-5;JR「水道橋」「御茶ノ水」、地下鉄「神保町」)/1000円、学生・非正規500円/主催=日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会(http://fightforjustice.info) 

●関西●
いらんわ! 高浜再稼働関西集会◇10月26日(日)PM12:50〜、PM4:00〜・デモ/武藤類子(福島原発告訴団団長)、広河隆一(フォトジャーナリスト)/DVD上映=ドイツビブリス原発事故シュミレーション/国会議員トーク=菅直人(予定)、山本太郎/アピール=宮下正一(原発反対福井県民会議)、服部良一(前衆議院議員)/うた=女性合唱/喫茶軽食あり/エルおおさか大ホール(京阪・地下鉄「天満橋」)/1500円(前売り1200円)、ヒバク者・避難者・障害者・学生1000円(前売り800円)/主催=脱原発政策実現全国ネットワーク関西・福井ブロック/連絡・Tel.072-843-1904FAX.072-843-6807
テロリスト指定されると銀行口座が凍結される!? 「FATF勧告に基づくテロ新法」◇10月27日(月)PM6:30〜/講師=永嶋靖久(弁護士)/エルおおさか701(地下鉄・京阪「天満橋」)/500円/主催=共謀罪に反対する市民連絡会・関西/連絡・Tel.090-1711-0710(永井)
市民集会「日本はどこに向かうのか?〜特定秘密保護法・集団的自衛権・共謀罪を考える」◇10月30日(木)PM6:30〜PM8:30/特別ゲスト=社会風刺コント集団ザ・ニュースペーパー 福本ヒデ、山本天心/大阪市中央公会堂大集会室(地下鉄・京阪「淀屋橋」)/主催=大阪弁護士会/連絡・Tel.06-6364-1227(大阪弁護士会委員会部人権課)
京都・当番弁護士を支える市民の会16周年記念シンポジウム◇11月1日(土)PM1:30〜/「袴田事件と再審弁護─証拠ねつ造と冤罪の構造」戸舘圭之(袴田弁護団、弁護士)/京都弁護士会館地階ホール(京都市中京区富小路通丸太町下ル;地下鉄「丸太町」、京阪「神宮丸太町」)/参加費無料/主催=同市民の会/連絡・Tel.075-221-1699
憲法のつどい2014「武力で平和はつくれない!〜日本国憲法を壊すな!」◇11月3日(月)PM1:30〜/講演=「秘密保護法と集団的自衛権をめぐる闘いと今後の課題」海渡雄一(第2東京弁護士会)/終了後、デモ(〜大阪駅)/PLP会館5階大会議室(大阪市北区天神橋3-9-27;地下鉄「扇町」、JR「天満」)/1000円/主催=とめよう改憲! おおさかネットワーク/連絡・Tel.06-6364-0123(中北法律事務所)
浅野健一ゼミ in 西宮E「冤罪、アメリカを訴えた日本人の真実〜自由社会の裂け目に落ちて」◇11月8日(土)PM2:00〜PM4:30/第1部(講演)=矢谷暢一カ(ニューヨーク州立大学教授)、浅野健一(ジャーナリスト、同志社大学大学院社会学研究科博士課程教授〜京都地裁で地位確認係争中)/第2部=対談、質疑応答/終了後、懇親会予定/Cafeインティライミ(西宮市戸田町5-31セレニテ西宮壱番館2F;阪神「西宮」)/定員40名(先着順)/2000円、学生1500円(1ドリンク・1ケーキ付き、学生は懇親会費用無料))/主催=鹿砦社/連絡・Tel.0798-49-5302
高作正博先生と学ぶ会C◇11月8日(土)PM2:00〜PM4:30/「『民意』は『憲法』を破る!?─安倍内閣の危険性を考える」高作正博(関西大学法学部教授)/神戸学生青年センター大ホール(阪急「六甲」、JR「六甲道」)/1000円、若もの500円/変更する場合あり、事前にお問い合わせ下さい/共催=神戸学生青年センター、「高作先生と学ぶ会」/連絡・Tel.078-851-2760(神戸学生青年センター)


1529号 2014/10/23更新
1面 事故収束できないまま原発輸出目論む核「先進国」の破廉恥
2面 Xバンドレーダー搬入反対!9・28全国集会 in 京丹後/時評短評/3面 西成特区構想とアートプロジェクト批判
4面 名前のない生きづらさ・「女性である」ことを考える/ヘイトスピーチのおつる、川西市議選に落選
5面 イラクとシリアに広がる「イスラム国」 /(全記事は1529号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

【台湾訪問報告】アジアの「脱原発」活動家が交流

事故収束できないまま原発輸出目論む核「先進国」の破廉恥

「不要核電的福島女人們」(原発いらない福島の女たち)黒田 節子

原発いらない福島の女たち・黒田節子さんが、台湾を訪問。第4原発(新北市)を凍結させた活動家らと交流した。第4原発は、日本からの輸出原発で、1号機原子炉は日立製作所、2号機原子炉は東芝、各発電機は三菱重工業が製造した。計画から30年、建設から10年を経過しているが、反対運動や度重なる事故により、未完成のままだ。

2013年2月、行政院長が住民投票で建設の是非を問う方針を示し、3月には台北をはじめ各地で10万人を超える反原発デモが行われた。反対運動が高揚する中、馬英九総統は4月末、1号機の稼働凍結と2号機の工事停止を表明した。

NNAF(ノーニュークス・アジアフォーラム)のツアーに参加した黒田さんは、福島の現状を報告。アジアの核問題を包括的に議論もした。日本は、事故原因も究明できないまま、インドネシア・トルコなどに輸出を目論んでいる。黒田さんの訪台報告を掲載する。(編集部)  本文


1528号 2014/10/13更新
1面 川内原発再稼働阻止全国統一行動/2面「耐震偽装」ともいえる審査書決定
3面 第31回全国地域・寄せ場交流会/レイシズムの世界的復活
4面 安倍首相フリースクールを視察-公教育批判と市場主義/5面 イスラエル・継続する民族浄化政策
(全記事は1528号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

【10/26】川内原発再稼働阻止全国統一行動

火山噴火 予知は不可能
5つのカルデラに隣接する川内原発

川内原発再稼働をめぐる攻防が、決戦局面に突入した。同原発再稼働は、全国の原発再稼働の突破口となるため、重要度は言うまでもない。9月27日には全国相談会が行われ、28日午前、川内原発ゲート前闘争、午後、鹿児島市内で全国集会が行われた。

全国集会には、鹿児島史上最大の7500名が参加。川内現地・福島からの報告のほか、菅直人元首相も特別ゲストとして再稼働阻止を訴えた。午前中のゲート前闘争には、200名が参加。アピール・パフォーマンスが続き、各団体が九州電力への要望書を手渡して、全国集会に合流した。(編集部・山田)    本文


 更新した記事

第1529号

第1528号

第1527号

第1526号

第1525号

第1524号

第1523号

第1522号

第1521号

第1520号

過去ログ

2009.8.5〜 

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言過去ログ投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事
人民新聞社 本社 〒552-0023 大阪市港区港晴3-3-18 2F
TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441 Mailto:people★jimmin.com (★をアットマークに)
Copyright Jimmin Shimbun. All Rights Reserved.