人民新聞オンライン

タイトル 人民新聞ロゴ 1部150円 購読料半年間3,000円 ┃郵便振替口座 00950-4-88555/ゆうちょ銀行〇九九店 当座 0088555┃購読申込・問合せ取り扱い書店┃人民新聞社┃TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441┃Mailto: people★jimmin.com (★をアットマークに)twitter

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言情報投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事

検索 語+実行

サイト内 ウエブ

本紙モニター大募集

試読 無料3ヶ月! モニターにご協力頂ける方に人民新聞・本紙を 3ヶ月間無料でお送りいたします。

岩井会図書

岩井会は、戦前から共産主義者として活動、1969年に亡くなった故・岩井弼次氏の思想とその実践に学びそれを継承すべく、 同じ年に結成された。岩井会が所蔵する 岩井会図書 の閲覧を希望される方は当社まで連絡ください。
 

 

●広島●
「国防軍」と化す自衛隊その実態は◇4月20日(日)PM1:00〜PM4:00/講師=半田滋(東京新聞論説委員兼編集委員)/ビューポートくれ(呉海員会館、呉市中通1-1-2;JR「呉」)/主催=入れるな核艦船!飛ばすな核攻撃機!ピースリンク広島・呉・岩国/連絡・Tel.0823-21-2414(呉YWCA気付)

●関東●
スペースたんぽぽ・被ばく労働問題連続講座A・除染作業現場からの報告と「被ばく労働者春闘」統一要求◇4月12日(土)PM2:00〜PM4:30/報告=除染労働者から/「被ばく労働者春闘統一要求と今後の闘い」なすび(被ばく労働を考えるネットワーク・山谷労働者福祉会館活動委員会)/スペースたんぽぽ(東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4F;JR「水道橋」、東京メトロ・都営地下鉄「神保町」)/800円/主催=スペースたんぽぽ/連絡・Tel.03-3238-9035FAX.03-3238-0797
「壊憲NO!96条改悪反対連絡会議」公開講演会◇4月18日(金)PM6:30〜/講演=「改憲動向をどう見るか」奥平康弘(東京大学名誉教授)/東京清掃労働組合会館SKホール(東京都千代田区飯田橋3-9-3;JR・東京メトロ・都営地下鉄「飯田橋」)/無料/主催=改憲NO! 96条改悪反対連絡会議/連絡・Tel.03-5802-3809

●関西●
「とめよう改憲!おおさかネットワーク」公開講演会〜とめよう!戦争する国づくり◇4月12日(土)PM1:30〜/PM1:30から20分間、第7回総会/講演=「さし迫る壊憲に抗して─立憲主義の立場から」水島朝穂(早稲田大学法学学術院教授)/PM4:30〜デモ/住まい情報センター(地下鉄「天神橋筋六丁目」)/1000円、大学生以下500円、介護者無料/主催=とめよう改憲!おおさかネットワーク/連絡・Tel.06-6364-0123(中北法律事務所)
木本保平市長発言を許さない集会◇4月12日(土)PM6:30〜PM8:30/昨年5月、木本茨木市長は定例記者会見で、「慰安婦は職業、強制的につれてきた証拠はない」等と発言/お話=吉見義明(中央大学商学部教員・日本の戦争責任資料センター代表)/茨木市福祉文化会館302(茨木市駅前4-7-55;阪急「茨木市」・JR「茨木」)/499円/共同呼びかけ人=池田美とり(茨木市男女共同参画推進審議会委員)、甲斐弘子(茨木母親連絡会)、他/連絡・Tel.072-655-5415(サポートユニオン with YOU)
シンポジウム「知る権利が危ない!PartW─秘密保護法で報道はどうなる!?」◇4月12日(土)PM1:00〜PM4:30/講師=鳥越俊太郎(ジャーナリスト)/大阪弁護士会館2階ホール(大阪市北区西天満1-12-5;地下鉄・京阪「北浜」)/主催=大阪弁護士会/連絡・Tel.06-6364-1227FAX.06-6364-7477(大阪弁護士会委員会部人権課)
関西新空港反対!泉州現地集会◇4月13日(日)PM1:00〜/泉南市岡田浦浜(岡田浦漁協となり)/呼びかけ=泉州沖に空港をつくらせない住民連絡会/連絡:泉南市信達市場2661-18
京都にも沖縄にも、どこにも米軍基地はいらない!Xバンドレーダー基地建設着工反対!4・20京丹後現地集会◇4月20日(日)PM1:00〜PM3:00/沖縄から=山城博治(沖縄平和運動センター)、岩国から=田村順玄(岩国市議/リムピース)、神奈川から=檜鼻達実(基地撤去をめざす県央共闘会議)/集会後、デモ/宇川農業会館(京丹後市丹後町久僧1052-1)/京都・大阪などからバスを出します(詳細は事務局・090-1590-9469まで連絡を)/無料/主催=米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会/連絡・Tel&FAX.075-467-4437(大湾)
連続セミナー・陪審制度を学ぶ「裁判員裁判は刑事司法を変えたか」C◇4月26日(土)PM1:30〜PM4:30/「裁判員を務めて見えたもの〜続・裁判員裁判は刑事司法を変えたか」田口真義(LJCC〜裁判員経験者によるコミュニティ〜事務局)/エルおおさか709号室(京阪・地下鉄「天満橋」)/1000円(学生無料、学生証など証明するものをご持参ください)/申し込み制ですが、飛び込み参加も受け付けます/主催=陪審制度を復活する会/連絡・FAX.06-6365-1822(樺島法律事務所気付)


1511号 2014/4/9更新
1面 福島・関東の子どもの放射能による健康被害と教育現場/2面 新潟から沖縄へ自主避難
3面 3・15脱原発集会/時評短評/4面 名前のない生きづらさ/5面 米・チャータースクールのブース教育、他
6面 危険手当ピンハネ業者が人民新聞に損害賠償請求(全記事は1511号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)

じわじわ進行する内部被ばくを黙殺する
巧妙な安全キャンペーン

インタビュー 内部被ばくを考える市民研究会 代表 川根 眞也さん

福島・関東で放射能による子どもの健康被害が増え続けている。だが国・行政による情報隠しと対応の遅れは深刻だ。特に関東は意識されること自体が少ない。川根さんは中学校の理科の教員で、今回の地震後にすぐ「放射線測定メール」を発信し、友人と「内部被ばくを考える市民研究会」を2011年8月に立ち上げた。日々接する子どもたちへの被ばくの広がり、教育現場での困難、今後について話を聞いた。(園良太)

本文


1510号 2014/4/2更新

1面 超監視管理社会/2面 3・16さよなら原発かごしまパレード/3面 防衛省抗議に右翼が介入/時評短評
4面 「生きづらさ」を追う・当事者インタビューB鳥居さん/5面 自由貿易と食(下)
6面 同志社大学教授の地位保全裁判(下)(全記事は1510号を入手ください。購読申込・問合せはこちらまで。)
 

超監視管理社会

JR大阪駅ビル「大阪ステーションシティ」でシステム実験
「自由」を犠牲にした「安心社会」

「Aが大阪駅中央改札口を出たのをカメラが発見。南に向かっている。Aは駅前で反原発の行動を呼び掛けている要注意人物。警備員は、急いでマークしろ」─そんな映画のような監視・追跡システムが、JR大阪駅ビルで実験されようとしている。実施するのは、総務省所管の独立行政法人・情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)。

JR大阪駅は、1日41万人が乗降する。その駅ビル「大阪ステーションシティ」は、近隣の私鉄・地下鉄の駅や百貨店・ホテルなどを含めると、1日約80万人が利用する。NICTは、JR・駅ビルの協力を得て、駅ビルの地下1〜地上3階の改札やエスカレーター、コインロッカー、店舗などに約90台の監視カメラを設置して(すでに完了)、顔認証・追跡システムを使った実験を4月以降、2年間おこなう予定にしていた。

ところが、今年1月に入ってこの「顔認証実験」がマスコミで報道されると、市民から不安・抗議の声が上がった。3月11日、NICTは「課題が解決されるまで実験をおこなわない」と延期を発表した。果たして、この「顔認証システム」の実験とは何なのか。(編集部一ノ瀬)   本文


 更新した記事

第1511号

第1510号

第1509号

第1508号

第1507号

第1506号

第1505号

第1504号

第1503号

第1502号

第1501号

第1500号

過去ログ

     HOME政治国際原発問題社会反貧困編集一言情報投書コラム・プリズムサイトについてリンク過去記事
人民新聞社 本社 〒552-0023 大阪市港区港晴3-3-18 2F
TEL (06) 6572-9440 FAX (06) 6572-9441 Mailto:people★jimmin.com (★をアットマークに)
Copyright Jimmin Shimbun. All Rights Reserved.